社員インタビュー

HOME > 社員インタビュー > 物流本部 コンテナ課 安齋 雅彦

社員インタビュー

どんなときでも頼られる存在になっていきたい
所  属: 物流本部 コンテナ課
業務内容: コンテナ課内労務・総務管理
勤続年数: 2年6ヶ月
安齋 雅彦●Masahiko Anzai

入社理由
もともと自身で店舗責任者を任せられ、人材教育経験もあり培ってきたことを活かせると感じ入社させて頂きました。将来的にはここで得られる経験を活かし、幅広い業界で活躍出来たらと考えていますが、その為にも今の業務に必要とされる知識は非常に重要と感じています。

現在の業務内容
コンテナ課における作業・労務・総務全般の管理業務を行っています。
作業現場におけるパトロールや安全作業に関するルールの提案などもいたします。特に港湾のコンテナエリアでは特有のルールも存在するため、遵守に向けて、慣れから発生する不安全行動がなきよう注視するよう心がけています。

やりがいを感じるところ
我々の仕事は通常の事務業務と異なり、法令知識に加え、税制や保険の知識など通常の事務では学べない内容もあり、やりがいを感じるところ。しかしもっとも達成感を感じるのは、現場にて皆が役割を考え、事故なく終える事です。

職場の雰囲気
大型機械も多く、危険性も決して低くない職場です。しかし、人と機械がうまく共存することでその危険性も低く出来ます。個性的な社員も多いですが、場を和ませながらも緊張感を持った業務が行えています。今後も安全作業に取り組んでいきます。

休日の過ごし方
天気が良ければドライブに出かけたりしていますが、最近ではWebでの情報収集や動画の確認そして読書などに時間を使っています。

常に心がけている事
作業対応する方の健康面や仕事に使用する機械・機材に対する整備状態の確認を最優先に考えるよう心がけています。

入社して得たスキル
法律や各種税務処理の知識、安全作業に対する考え方を身につけたことが大きいと思います。

今後の目標
日々、事故や怪我がない環境を維持できるように常にサポートし続けたいと考えています。

最後に一言
年齢や仕事、プライベートに関わりなく、いつでも何かあれば頼ってもらえる存在になれるように頑張ります。