社員インタビュー

HOME > 社員インタビュー > 物流本部 コンテナ課 遠藤 飛翔

社員インタビュー

もっともっと役に立てるように
所  属: 物流本部 コンテナ課
業務内容: コンテナ課内労務・総務管理
勤続年数: 1年2ヵ月
遠藤 飛翔●Sho Endo

入社理由
物流や港湾の仕事に興味がありました。輸出入は日本とってなくてはならない仕組みです。今回の震災で更にそう思いました。もっともっと役に立ちたいと感じています。

現在の業務内容
コンテナ課における作業・労務・総務全般の管理業務を行っています。
担当する社員数も多く、休みの管理や調整の難しさを痛感しました。当初はとまどいもありましたが、やはりコミュニケーションを多くし、大事にしたことで改善してこれたと感じています。

やりがいを感じるところ
仕事を任せられたことに対し、一番やりがいを感じます。とはいっても1人で達成できる仕事ではありません。当然皆さんの協力が必要となります。その伝え方や計画の運び方がスムーズでなくても皆で力を合わせて達成することが大変重要なのだと感じています。

職場の雰囲気
メリハリのある職場です。作業には当然時間管理が必要です。その中でやり切るという気概を皆もって取り組んでいますが、仕事のオン・オフがはっきりしていてやりやすく感じています。

休日の過ごし方
家族や友人とよく買い物やドライブに出かけます。

常に心がけている事
コミュニケーションをしっかり取ること。これがすべて円滑に進める為にもっとも重要だと感じています。

今後の目標
色々なところで少しでも先輩に近づけるように頑張っていきたいと思っています。

最後に一言
東海海運の社員として更に会社そして日本の為に貢献できるように頑張ってまいります。